読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在の家に一家で引っ越したとき、当時1歳になる子供がいました。

引っ越し会社の用意するプランは色々あります。梱包から運搬、開梱まで全てをお任せにしてしまうと、当然それだけ費用がかかります。


運ぶ荷物があまりない、単身の引っ越しは、そうしたニーズにあった単身向けのサービスが、各引っ越し業者から提供されていて、おすすめです。


適正なコースの選択だけで、引っ越し費用は大きく減らすことができますから、浮いた分を新生活のために残しておくと良いでしょう。

 

現在の家に一家で引っ越したとき、当時1歳になる子供がいました。

 

1歳児とはいえ環境が変わったことを感じ取って勝手が違うことに戸惑っているようでした。

引っ越しを機会に、たくさんあった子供のものも片端から仕分けて捨てることになりました。
片付けを進めているうちに母子手帳を見つけて読み返してみました。ほんの少し前のことでも、妙に懐かしく思いました。

上京してアパートで一人暮らしを始める時、新しい部屋に持っていく荷物がほとんどなくて、これしかないと思ってクロネコ宅急便を使って引っ越しました。


ダンボールに詰めてみたら、10個にもならなかった程の荷物量だったので、トラックを使って自分で運ぶよりも相当安かったのを覚えています。
かさばる寝具のようなものは転居先で買おうと思っていました。なのでこういった方法もとれたのでしょう。

いよいよ引っ越し、という時にいろいろな物の梱包を、衣服から日用品までなんでも自分でこなしてしまう人は意外に多いのですが、引っ越し会社のプランには、荷物の梱包についても引っ越しプランの一つとなっていることがよくあるのです。


そういうことであればなるべく作業員にしてもらった方が良いかもしれません。
やはりプロですから作業は早くて、荷物の扱いに慣れていますし、荷物の紛失や破損などがあれば作業を行った業者がその責任を負って被害があった荷物の弁償に至る場合もありえます。

いろいろな引っ越しの進め方がありますが、中には梱包、運搬全てを業者に任せる向きも多いです。ですがそうして任せてしまうにせよ、大型の家具や、重い家電が運ばれる際には、作業を、なるべく近くで見守りましょう。

もしも、業者の人がそんな荷物を取り扱っている間に落として壊したりしてしまった場合には、業者は補償を行なうことになっているわけですが、荷物についた傷は引っ越しの時ついた、と自分でわかっておく必要があります。
引越しにあまりお金はかけたくないという人の頼りになる業者が赤帽でしょう。


特に単身での引っ越しといった小規模な引っ越しにおいては実力を発揮します。時間制による料金設定のため、荷物運びを手伝うことで作業の時間を短くすることが出来ると思います。

赤帽で使う車は軽自動車なので積載量が心配かもしれませんが、思ったより多くの荷物を積み込めるので、一般的な引っ越しの荷物の数であれば問題ないと思います。

 

数多くの引っ越し体験がありますが、その私が、たった一つ皆さんに伝えたいことがあります
「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。
とある引っ越しの時、運んでもらった荷物の中で、食器がいくつか、ヒビを入れていたのでした。実は自分の作品だったので、「まさか」と思い、衝撃を受けました。

といっても、高い物ではなかったので、文句をつけたりはしませんでした。これ以降の引っ越しでは、壊れやすいものと貴重品は、自分の手で運んでいます。現在の住まいに、結婚とともに引っ越しましたが、いろいろ調べて、ヤマト運輸の単身引っ越しサービスにしたんです。
実は、業者さんを頼っての引っ越しを初めてすることになり、コールセンターへの電話も緊張していました。


ですが、スタッフ全員が対応もしっかりしており、どの作業も丁寧だったので安心して全ての作業を任せられました。また引っ越しすることがあるでしょうが、そのときも同じ業者に依頼したいです。